| アルバム | 解説&カラーレシピ |
< Homeへ  < プラモデル一覧へ
解説
孔明と周瑜は三国志の中でも好きな武将(軍師)ですので、肩の力を抜いて作りましたが、けっこうマジメに作り上げました。

肉抜き穴を埋めたり、エッジを尖らせたりしてあります。
また、周瑜ヒャクシキのポニーテール(髷?)の接続部にボールジョイントを仕込み、フレキシブルに動くようにしてあります。

2人(2機?)とも基本色塗装後に、エナメルカラーを筆で塗りわけてあります。
あまりレッドクリフカラーというのにとらわれずに、オリジナル色を出す方向の色合いです。

スミ入れはガンダムガンダムマーカースミ入れ用を使い、マンガっぽく仕上げてみました。
カラーレシピ
様子を見ながらの調色のため、不明です
このページのトップへ >
Copyright (C) 2008 森静四郎, All rights reserved.