| アルバム | 解説&カラーレシピ |
Home> プラモデル一覧> 1/1 IDX-9 ペストXさん
解説
カラーリングは色の組み合わせをあまり考えず、フィーリングで塗料をチョイスしました。
サイボーグ009みたいなコスチュームカラーになってしまいましたが・・・。

製作。
手の後ハメ加工をした他は、特別なことはほとんどなにもしておりません。

塗装。(MC=Mr.カラー。GC=ガイアカラー。FC=フィニッシャーズカラー)
  • 赤=マルーン(MC)
  • 黒=EXブラック(GC)
  • 黄=橙黄色(GC)。マフラーのみサンシャインイエロー(GC)でハイライト。
  • 銀=スターブライトアイアン(GC)
  • 青緑=ストーングリーン(GC)
  • 肌色=ワイルドフレッシュ(GC)。所によってマリンフレッシュ(GC)でハイライト、クリアーブラウン(GC)でシャドウ。
  • 武器の赤=ブライトレッド(FC)+橙オレンジ(GC)
  • 白=EXホワイト(GC)

服はアルティメットホワイト(GC)を下地に塗り、黒いラインを塗装したのち、マルーンを塗装しました。
黒でラインを塗装するとともに、グラデーションを入れたということになります。

髪はストーングリーンを塗装後にそれに白をくわえたものでハイライトを入れ、さらに白を混ぜて天使の輪みたいなのを入れてあります。
ストーングリーンはどうみてもドラゴンボールのブルマの髪色にしか見えないのですが、ミリタリーカラー扱い。
ミリタリーモデルのいったい何にこの色を使うというのでしょうか・・・!?
教えていただきたい、ガイアノーツさんっ!

オーバーコートは、ヘアバンドや武器をEXクリアー(GC)で、服をセミグロスクリアー(GC)で、肌をEXフラットクリアー(GC)で塗装してあります。

赤いラインや黒いラインのマスキングしにくかった部分は、ガンダムマーカーの赤と黒で塗ってあります。
他、ネジなどをタミヤエナメルのクロームシルバーで塗りわけました。

スミ入れは、タミヤエナメルのフラットブラックやフラットブラウン、ガンダムマーカースミ入れ用などを使いました。

眉やまつ毛は、付属のデカールを貼った後、水性カラーを使い、眉はみず色+自作黄緑で、まつ毛はつや消し黒でデカールの上から描きこんであります。

総評。
とにかく最大の欠点が自立させにくいということで、ポニーテールやマフラーの重さで後に倒れてしまいます。
足に重りを入れるにしても、かなりの重さのものを入れる必要がありそうです。
台座を付属してくれるなり、何らかの配慮が欲しかった所です。

他はたいした問題点もなく、組み立てのしやすさなどもふくめ、なかなかの好キットという印象です。
フィギュアをたくさん発売してきたコトブキヤさんだけあって、髪の造形はさすがとうなるものがあります。
コートのチャック部分での分割も面白い趣向だったと思います。

専用変形バイクオボロの発売が待ち遠しく、オボロ発売までは、コンバットさんとの対決シーンの再現もお預けにして楽しみを先延ばしにしておこうと思います。
このページのトップへ >
Copyright (C) 2008 森静四郎, All rights reserved.