| アルバム | 解説&カラーレシピ |
< Homeへ  < プラモデル一覧へ
解説
モデルグラフィックス付録の1/72ファインモールド製零戦二一型です。
真珠湾攻撃時の空母「蒼龍」戦闘機隊の機体にしてみました。
機体腹部の青いラインの位置はいまだにこれで良かったものか不安です。
機番号はキットに付属のデカールを切って使用し、”E”を”B”に赤色の水彩色鉛筆で書き足しました。
番号はオリジナルですので、こんな番号の機体は存在していません。

第二次世界大戦時の兵器のプラモデルは、大昔に作ったビッグワンガム(古っ)みたいなのをのぞけば初めてと言ってよく、わからないことも多かったので、資料集めに少々労力を必要としました。
ネットで検索してさがせるなんて、便利な時代ではあるのですが・・・。

コックピットやパイロットフィギュアは、タミヤアクリルや水性カラーで適当に調合したもので塗装しました。
オーバーコートは、ガイアカラーの蛍光クリアーにフラットクリアーを2:1くらいの割合で混ぜたものを塗布しています。

全ての塗料には若干多めにホコリをまぜてあります・・・。

本体色はライトグレーだったという話もありますが、ガイアカラーが色見本から作製したと豪語している灰緑色を使ってみました。
マスキング塗装してはみ出した部分をリタッチした所が多少汚く見えてしまっています。

真珠湾攻撃時に使われた零戦が、作戦前にどれほど使用されていたのか定かではないんですよね。
また、映画「トラトラトラ!」では、最新鋭機という演出もあるのでしょうが、新品ピカピカの機体でした。
なんだか良くわかりませんので、汚し塗装はせず、新品ということにし、キレイに仕上げることにしました。
カラーレシピ
灰緑色(GC)
EXブラック(GC)
スターブライトジュラルミン(GC)
・GC:ガイアカラー
このページのトップへ >
Copyright (C) 2008 森静四郎, All rights reserved.