| アルバム | 解説&カラーレシピ |
Home> プラモデル一覧> 1/72 Su-47 ベルクート
解説
ホビーボス1/72Su-47(S-37)ベルクート、完成いたしました。
キット自体がかなりの完成度の高さでした。
思いっきりストレートに作っただけですが、満足のいくものができあがりました。

キットは、エッジがシャープでパーツの合いも良く、パーツ数は少なく、組み立てやすい申し分ないものでした。
実機のファンの方ですと細かいことが気になるかもしれませんが、あまりこの機体をしらないボクには充分すぎるキットだったと思います。

製作。
全体的にパーツの合いが良かったと言っても、主翼のつけ根や機首などには段差が生じました。
紙やすりで削ったり、黒い瞬間接着剤で埋めたりして整えておきました。

主翼フラップなどのミゾが他のモールドと同じ太さなので、その辺を太めに彫りなおした方が・・・、とアイデアをいただいていたのですが、太いモールドを彫る道具が見当たらず・・・。
結局そのままにしてしまいました・・・。

塗装。(GC=ガイアカラー)
  • 黒=EXブラック(GC)
  • 白=EXホワイト(GC)
  • ノズル=スターブライトアイアン(GC)

オーバーコートは、塗装面とデカールとのツヤ差をなくすためと、ぬめっとした雰囲気のツヤを出したかったのでいったんEX蛍光クリアー(GC)を吹き、その後セミグロスクリアー+EX蛍光クリアー(両GC)で塗装しました。
オーバーコートの一段目としてクリアーを吹くと、微妙なツヤの調節がしやすいので、最近、特に飛行機モデルの時にはこの方法を多用しています。

いっそのこと鏡面仕上げにしたら美しかろうとも思いましたが、下地処理が面倒なのでやめました。
しかも最近のこの暑さですから、塗装が塗ったそばから乾いていって、やたらと梨地になってしまいます。
リターダー入り溶剤の意味無しっ。

最後に。
ホビーボスのキットを作るのは初めてでしたが、とにかく良いキットでした。
どのメーカーでもそうなのですが、キットによってバラつきがあるとは思うのですが、今後もホビーボスのキットは作ってみたくなりました。
このページのトップへ >
Copyright (C) 2008 森静四郎, All rights reserved.