| アルバム | 解説&カラーレシピ |
Home> プラモデル一覧> F-22 アイドルマスター 天海春香
解説
微妙なオリジナルカラーですが、アポロチョコっぽい塗装で仕上げてみました。
他、細かい部分もオリジナルで塗り分けてある部分があります。

デカールのヒビ割れが最悪の失敗でした。
最後にガイアカラーの半光沢クリアーを遠目から噴いて、ヒビ割れがなるべく目立たないようにはしておきました。
半光沢とかつや消しにしちゃうと、パール塗装が台無しになってしまうように思われがちですが、光沢よりも真珠っぽく輝くと個人的には思えます。
苦しい言い訳に聞こえるかもしれませんが・・・。

「マーキングと塗装説明図」の機体上面の絵図では、翼端灯が赤と青が左右逆になってます。
組み立て説明図に書いてあるのは正解です。
普段飛行機を作らない人にも向けたこのキットで、その間違いはなかろう、という気がするのですが・・・。
つられてボク、間違えちゃってます。
間違えないように!

エアインテークの合せ目には、エナメルのフラットホワイトをスミ入れして、下地のピンクが透けていたのを消してあります。

機首下方両側にあるAOAセンサーだかピトー管だかは、塗装した後だからかもしれませんが、取り付け穴が小さかったため、ナイフで広げて取り付けました。
が、片方がスルっと機体中に入り込んでしまって、さすがに笑うしかない状態に・・・。
笑っていても何も解決しないので、仕方なく0.5mmプラ板で複製しました。
言わなきゃわからない、という程度には複製できたと思います。

パイロットは、春香ちゃんのイメージカラーであると思われる赤色に塗装してみました。
キャノピーのフチは、オリジナルで銀色に塗装してあります。

ピンクとダークブラウンの上には、スーパークリアーIIにウェーブのマイクロパールパウダーホワイトピンクを溶いたものを塗布してあります。
オーバーコートは、
1層目:蛍光クリアー+蛍光ピンク(両ガイアカラー)。
2層目:スーパークリアーII(Mr.カラー)。
3層目:半光沢クリアー(ガイアカラー)。
3層目は、上記の通り、デカールのヒビ割れを見えにくくするためです。
カラーレシピ
ピンク(Mr.カラースプレー缶)
EXブラック(GC)+レッド(MC)+サンシャインイエロー(GC)
EXホワイト(GC)
ガンメタル(GC)
EXシルバー(GC)
EXシルバー+ガンメタル(両GC)
・GC:ガイアカラー ・MC:Mr.カラー
このページのトップへ >
Copyright (C) 2008 森静四郎, All rights reserved.