| アルバム | 解説&カラーレシピ |
Home> プラモデル一覧> 陸上自衛隊90式戦車マインローラ
解説
タミヤ1/3590式戦車マインローラ装備です。

個人的に、もっさい、と思い込み続けていた自衛隊の兵器ですが、なかなかどうして、90式ってこうしてみるとかなりカッコいいじゃありませんか。
ただ、素人目に見ると、現代の戦車はどこの国のも同じに見えてしまいます。
第二次世界大戦の戦車が人気なのは、現代よりもバラエティーにとんでいるからかもしれませんね。

ウォッシング。
タミヤエナメルのバフ、フラットブラウン、ダークグレーを混ぜ合わせたのを使いました。
思ったよりも白くなってしまいましたので、ふき取ろうと思ったのですが、凹凸モールドやシボ加工に入り込んでしまっており、ほとんど色が落ちませんでした。

ウェザリング。
最初タミヤのウェザリングマスターを使っていたのですが、車体が大きく、汚しているうちに面倒くさくなってきてしまいましたので、タミヤアクリルのデザートイエローをエアブラシで噴いて砂汚れにしてしまいました。
その上からウェザリングマスターで、汚れにムラを付けるなどしております。

オーバーコート。
雨が降っていたわけでもないのに、エッジなどが白くなってしまいました。
楽をして、缶スプレー(Mr.スーパークリアーつや消し)を使ったのが敗因かもしれませんね。
アクリル溶剤で薄く溶いた本体色を塗ってみたり、ウェザリングマスターの近似色を使ってみたりしてどうにかこうにか目立たないようにはしておきました。

ということで、ウォッシングの色調節の失敗とオーバーコートの失敗が重なり、迷彩が全然目立たなくなってしまった上に、かな〜り白い90式になっております。
北海道部隊の車輌ですから、霜が降りて白くなったとか・・・。
苦しい言い訳・・・。
カラーレシピ
濃緑色(陸上自衛隊)(TA)
茶色(陸上自衛隊)(TA)
・TA:タミヤアクリルカラー
このページのトップへ >
Copyright (C) 2008 森静四郎, All rights reserved.