| アルバム | 解説&カラーレシピ | 製作日記 |
< Homeへ  < プラモデル一覧へ
解説
ヒゲパーツはパーツの合いがあまり良くなく、しかも塗装した後だと、まったくと言っていいほど、頭部パーツ(アゴパーツに接続)にはめられません。
合いを確認しながら、あわてず、削り削りしながらはめ込むことをオススメします。

ポリパーツ無しのABSでの関節構造ですので、ヒゲパーツだけではなくその他の部分も、パーツの合いが悪い所がちらほらありました。
仮組みしたら、二度とはずせなくなる、または、はずすのが困難になる部分もありますので、お気をつけください。

また、脚のフィンがいっぱいあるのですが、これは左右同じパーツに見えて同じではありません。
塗装してから組み立てる方は、”絶対に”外から見えない部分にケガキ針等で番号を書いておきましょう。
”絶対に”です。
でないと、ボクみたいに、どれがどのフィンかわからなくなり、これは違うあれは違うと、立体パズルを組むごとく苦労をしなければならなくなりますよ・・・。
ホント、地獄を見ました・・・。

関節部グレーは未塗装です。
ゲートあとやパーティングラインを消したあと、「激落ち」で磨いています。
「激落ち」で磨くとサンドペーパーのあとが綺麗に消えて、良い具合につや消しになります。
未塗装派の方にはオススメの方法です。
カラーレシピ
ピュアホワイト(GC)の上から、ホワイトパール(MC)
コバルトブルー(GC)の上から、ブルーパール(MC)
赤2:マルーン1(MC)に白少量の上から、レッドパール(MC)
キャラクターイエロー(MC)の上から、ウェーブのマイクロパールパウダーのホワイトイエローをといたクリアー
フィン等 ジャーマングレー(GC)の上から、グリーンパール(MC)
・MC:Mr.カラー ・GC:ガイアカラー
このページのトップへ >
製作日記
その1 塗装失敗
ガイアカラーのコバルトブルーの上からMr.カラーのブルーパールを塗装したら、なぜか表面がデロデロに荒れてしまいました。
原因としては、おそらく、うすめ液とプラカラーの割合が悪かったのだと思います。
このページのトップへ >
その2 頭部
頭部内部パーツの上半分がクリアパーツになっています。
ムギ球や発光ダイオードなどを仕込むと、目だけでなく、トサカの隙間からも光がもれて面白そうです。
ボクはしませんでしたけど、気が向いた方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
このページのトップへ >
その3 あとハメ加工
後ハメをしたのはビームライフルのみです。
三角形のフィン(?)の先をとがらせて、ライフル本体の隙間にあわせて二つにカット。
上のフィンは後端部もカットしないと後からはめこめませんが、やりずぎに注意。
本体との間にスキマができてしまいました。
このページのトップへ >
Copyright (C) 2008 森静四郎, All rights reserved.