| アルバム | 解説&カラーレシピ | 製作日記 |
< Homeへ  < プラモデル一覧へ
解説
各部にディティールアップパーツをつけた以外は、ふつうです・・・。
MGをきっちりかっちり作るとこんなもの、と言ったところでしょうか。

改造というほどのものではないですが、肩、肘の内側などの干渉して塗装ハゲを起こしやすい部分はガリガリ削ってクリアランスを多めにとってあります。
あと、アゴの内側と首パーツの角を削ってアゴを引けるようにしてあります。

一応グロス仕上げなのですが、研ぎだしをしていませんので、鏡面仕上げにはなっておりませんです・・・。
下地処理は、400番サンドペーパーでヒケ消し、600番、1000番で表面を整え、1200番のサーフェイサーを噴いてあります。
スミ入れはエナメルのダークグレーを使い、いつもとはちょっぴり違った雰囲気にしてみました。

マーキングは、金銀の水転写式のはキット付属のもの、ガンダムデカールは通常版Ver.2.0のMk-II(ティターンズ、エゥーゴ)のものや他のMGのあまりものを使っています。
機番号などを1号機、2号機とそろえたかったので、通常版Mk-IIのガンダムデカールを使ったしだいです。
カラーレシピ
EXブラック(50%)+ウルトラマリンブルー(50%)(全GC)
下地:EXブラック
上地:ウルトラマリンブルー+EXホワイト極少量(全GC)
レッド(MC)
イエロー2(ガンダムカラー)
メカ部等 ガンメタル(GC)
・MC:Mr.カラー ・GC:ガイアカラー
このページのトップへ >
製作日記
その1 後ハメ加工
頭部は、透明パーツのメインカメラを切り飛ばし、赤色パーツの接続ピンと上面をごっそり削りました。
また、アゴと首の干渉する部分を双方削ってアゴを引けるようにしました。
まぁ、キットのままでも充分アゴを引くことはできるんですけどね・・・。

パズーカとライフルは写真の通りです。
まだ加工していないパーツもあります。
パズーカの青い筒パーツはカットする部分を微妙に間違えてしまって、黒いパーツと接続した時にぐらついてしまいます。
接着する時に気をつけねばなりませんね。
写真左。
バックパックの後ハメはこんな感じです。
バーニアの基部がしっかりと接着できるか不安です・・・。

写真右。
シールドを腕に付ける時に使用する接続パーツです。
MGMk-IIVer.2.0の接続パーツをそのまま使用すると、シールドが浮いた感じになってしまいます。
なので、こんな風に改造してしまいました。
ちょっとカッコ悪いですね・・・。
このページのトップへ >
Copyright (C) 2008 森静四郎, All rights reserved.