| アルバム | 解説&カラーレシピ | 製作日記 |
< Homeへ  < プラモデル一覧へ
解説
各部にディティールアップパーツを取りつけた他、ツノやスパイクアーマーのシャープ化をしました。

ヒートロッドを真っ直ぐ横に伸ばす時は、長さを半分くらいにしないと、フニャっとたれてしまいます・・・。
が、可動範囲は申し分なく、思い通りのポーズがバリバリ決まります。

写真にあるハモン姐さんは1.0に付属のフィギュアです。
ブレンディング、というか重ね塗りというかで塗装してみました。
アニメキャラなのにアニメっぽくない仕上がりになっています。
ボクが塗装するとどのフィギュアも、なぜか目つきが悪くなるのです・・・。

内部フレームが基本的にザクVer.2.0のものですので、出来の良さを受け継ぎ、グフVer.2.0も当然の出来の良さです。
パーツ数の多さなどにたえられれば、間違いなく、グフVer.2.0は名キットと言って良いかと思います。
あえて難点を言えば、右手をひと回り大きくして欲しかったのと、フィンガーバルカンが砲身と指が一体成形のため砲身を塗装しづらかったです。
当たり前と言ってしまえばそれまでですが、左手の指が曲がりにくいのも残念な点です。

リアルな方向性で作りたい場合は、可動範囲や手などに難点はあるもののVer.1.0がオススメです。
あっちの方が作りやすいですし、ね・・・。
カラーレシピ
インディーブルー(MC)
フタロシアニンブルー(MC)
ミッドナイトブルー(MC)
ジャーマングレー50%+EXホワイト50%(GC)
メカ部等 ガンメタル(GC)
・MC:Mr.カラー ・GC:ガイアカラー
このページのトップへ >
Copyright (C) 2008 森静四郎, All rights reserved.