| アルバム | 解説&カラーレシピ |
Home> プラモデル一覧> 1/144 オリジナルガンダム
解説
HG0ガンダムを改造したオラザクというかオラガン、ガンダムプルヌス完成です。

脳内設定。
名前のプルヌスは桜の属名で、ゼフィランサスやサイサリス、デンドロビウムにも通じるようにしてみました。
ちなみに1年戦争時の機体です。
RX-78の余剰パーツを使用した、軽量化、小型化の実験用の機体といった所でしょうか。

改造。
シルエットは0ガンダムのままで、色々と改造してあります。

最終的にあまりインパクトのない仕上がりになってしまいました。
シンプルさを狙ったとはいえ、しごく普通といいますか、RX-78を細くしただけといいますか、オリジナル性に乏しいといいますか・・・。

塗装。(GC=ガイアカラー。MC=Mr.カラー)
  • 白=EXホワイト+蛍光ブルー少量+ニュートラルグレーIV極少量(全GC)
  • 青=ウルトラマリンブルー+EXホワイト少量(両GC)
  • 赤=プレミアムレッド(GC)
  • 黄=サンシャインイエロー(GC)+ガンダムイエロー2(MC)+EXホワイト少量(GC)
  • 濃いグレー=ニュートラルグレーIV(GC)
  • 薄いグレー=ミディアムブルー+フラットホワイト(両GC)
下地はガイアカラーの白やグレー部がサーフェイサーエヴォで、赤青黄が同ホワイトを使っています。
白はサーフェイサーの上にアルティメットホワイトを噴いてから本塗装をしてあります。
オーバーコートはガイアのセミグロスクリアーです。

青と赤は思いきってガイアの限定色を使ってみましたが、ウルトラマリンブルーはにごりのないコバルトブルー、プレミアムレッドはこれもにごりのないイタリアンレッドでした。
このページのトップへ >
Copyright (C) 2008 森静四郎, All rights reserved.