| アルバム | 解説&カラーレシピ |
Home> プラモデル一覧> HGFC GF13-050NSW ノーベルガンダム
解説
製作。
・ツノやモミアゲをシャープ化しました。
・下腕、スネなどのエッジを落とし丸みを持たせました。

後ハメなどは一切不要(厳密にはした方が良い部分はありましたが)で、パーツ数も少なく、あっという間に完成してしまう大変作りやすいキットでした。

塗装。
オリジナルカラーにしてみました。
設定よりもセーラー服に見えるように塗り分けてみましたが、単調な雰囲気になってしまい、設定のままの方が良かったかなぁ、という気がします。
しかし、どこかの高校でこんな水色のセーラー服があったような・・・。

カラーレシピ(GC=ガイアカラー。MC=Mr.カラー)
  • 白=EXホワイト+蛍光ブルー少量+ニュートラルグレーIV極少量(全GC)
  • 水色=ライトブルー(MC323番)
  • ピンク=ミルキーストロベリー(MCみるきぃぱすてるカラー)
  • 黄色=カスタードイエロー(MCみるきぃぱすてるカラー)
  • メカ部=ミディアムブルー(GC)+ホワイト(MC)+レッド(MC)少量
  • 髪裏=ブライトシルバー(GC)
  • オーバーコート=EX蛍光クリアー(GC)をフラットベース(GC)で半光沢にしたもの。
スミ入れは、タミヤエナメルカラーを使い、白部をニュートラルグレー、水色をフラットブルー、ピンクをフラットレッド、黄色をフラットイエロー+オレンジ少量、で行いました。
他、アーマー裏などをダークグレーで塗装してあります。

胸リボンの中心部やフトモモのラインなどはマスキングして塗装しました。
リボンの中心部は「Mr.マスキングシートまるさんかく」の丸型の余白を使ってマスキングしたら楽にできました。

総評。
動かして遊んでいるとガンプラというよりもフィギュア的。
今までのHG系ガンプラとは少しく違った印象を受けました。
とにかく、面白いキットでした。
このページのトップへ >
Copyright (C) 2008 森静四郎, All rights reserved.