| アルバム | 解説&カラーレシピ |
Home> プラモデル一覧> HGAW GX-9900-DV ガンダムXディバイダー
解説
以前にサテライトキャノンバージョンのガンダムXを作りましたので、何もガンダム本体まで作製する必要もない気がしましたが、ディバイダーバージョンは、「ジャミル専用」と割り切って、色味などをあえて変更しつつ作製しました。

製作。
バックパックのエネルギータンク可動部の干渉する部分を少し削り、可動範囲を少しだけ広げました。
他は腕部の後ハメ、各部合わせ目消し、ツノのシャープ化など、基本的な作業だけしました。

塗装。(GC=ガイアカラー。MC=Mr.カラー。FC=フィニッシャーズカラー)
  • 白=EXホワイト+蛍光ブルー少量+ニュートラルグレーIV極少量(全GC)
  • 青=コバルトブルー(GC)+蛍光ピンク(MC)少量+ホワイト(MC)少量
  • 赤=ブライトレッド(FC)+ホワイト(MC)少量
  • 黄=サンシャインイエロー(GC)+ガンダムイエロー2(MC)
  • 間接等=ミディアムブルー(GC)+ホワイト(MC)+レッド(MC)少量
  • マシンガン、ソードの黒=ジャーマングレー(GC)
  • 腕、脚のライン=パープルヴァイオレット(GC)+ウルトラブルー(GC)+ホワイト(MC)
  • マシンガン、ディバイダー等=パープルヴァイオレット+ミディアムブルー+ニュートラルグレーIV(全GC)
  • ディバイダー内部=ガンメタル(GC)
  • シルバー=サーフェイサーエヴォブラック(GC)→EXクリアー(GC)→ダイヤモンドシルバー+サファイアブルー(MC)→EXクリアー(GC)
  • オーバーコート=EX蛍光クリアー(GC)をフラットベース(GC)で半光沢にしたもの。
スミ入れは、タミヤエナメルを使い、塗装の白部をニュートラルグレーで、青部をフラットブルー+ジャーマングレー、赤部をフラットブラウン+フラットレッド、黄色部をフラットイエロー+オレンジで行いました。

ディバイダー内部(ハモニカ砲部)は本当は塗りわけが必要ですが、マスキングがしんどいですのでガンメタ一色にしてしまいました。

総評。
ディバイダーにマスキングして塗装しなくてはならない部分が多く、この辺、もうちょっとパーツ分けして欲しかったところです。
他、プロポーション、可動範囲など、ストレートに組むだけで充分な別段文句のつけようもない出来のキットでした。
このページのトップへ >
Copyright (C) 2008 森静四郎, All rights reserved.