| アルバム | 解説&カラーレシピ |
Home> プラモデル一覧> HGAW GX-9900 ガンダムX
解説
17mサイズのMSですので、少々小さく感じられるのですが、可動範囲は広く、組み立てやすく、細かいことを言わなければなかなか良好なキットだったと思います。

ただ、足の合せ目は消さないとちょっと目立ちますし、肩の塗りわけ部分は別パーツ構成にして欲しかったところです。
リフレクターがちゃんと閉じないのですが、これは、ボクが基部の肉抜き穴を埋める過程で生じた問題かもしれず、なんとも言えません・・・。

作製ポイント。
ツノや胸ダクトなどのエッジをシャープにしました。
腰アーマーに丸みを持たせたり、エッジを薄く加工しました。
リフレクター基部、腕や足の細長いパーツの裏側の肉抜き穴を埋めました。
股関節がゆるかったのでボールジョイントを瞬着で少々太らせてあります。
バックパックの接続部の穴隠し用のフタを自作しました。

塗装。(GC=ガイアカラー。MC=Mr.カラー)
  • 白=EXホワイト+蛍光ブルー少量+ニュートラルグレーIV極少量(全GC)
  • 青=スージーブルー(MC)
  • 赤=ハーマンレッド(MC)
  • 黄=ガンダムイエロー2(MC)
  • パープルグレー=パープルバイオレット+ミディアムブルー+EXブラック少量(全GC)
  • グレー=ニュートラルグレーIV+ミディアムブルー(全GC)
  • オーバーコート=セミグロスクリアー(GC)
スミ入れはタミヤエナメルのフラットブラックを使用しました。
スミ入れしにくい部分は面相筆で線を描き入れました(肩こった・・・)。
このページのトップへ >
Copyright (C) 2008 森静四郎, All rights reserved.