| アルバム | 解説&カラーレシピ | 製作日記 |
Home> プラモデル一覧> ガンダム(バージョンG30th)
解説
あまり塗装している方をみかけない、たぶん人気の低いロールアウトカラーに仕上げてみました。

いつからこのロールアウトカラーというものが存在していたのか定かではありませんが・・・。
これがロールアウトカラーというこは工場出荷時にこの色だったということでしょうね。
テストで運転している時に視認性を高くするため、トリコロールに塗装されていたものを、アムロが勝手に使ってしまい、そのままあの色がガンダムカラーになってしまったのでしょう。
本来は、リアルタイプカラーとかG3カラーに塗装される予定だったのではないでしょうか。
以上、ボクが勝手に想像した設定です・・・。

良い所。
・プロポーションが良い。
・可動範囲が広い。
・胸のダクトがうもれている。

悪い所。
・サーベルがラックから抜けやすい。
・握り手の造形が最悪。
・全身の凹凸モールドの関係で、パーツの合せ目が消しにくい。

総評。
パッと見はリアルな感じに造形してあるんですが、顔や胸のラインはMGVer.2.0のようにアニメ的にも見えます。
全身のモールドを埋めるなど手を加えれば、アニメ的な雰囲気にもできそうです。
多少の難点はあるものの、ガンダム30周年にふさわしい出来の良いキットだったと思います。
カラーレシピ
EXホワイト(GC)
ブライトシルバー+ガンメタル(GC)
ブライトレッド(FC)
ガンメタル(GC)
・FC:フィニッシャーズカラー ・GC:ガイアカラー
このページのトップへ >
Copyright (C) 2008 森静四郎, All rights reserved.