| アルバム | 解説&カラーレシピ |
Home> プラモデル一覧> 1/35 テキサスのシャア
解説
似てない。
けど気にしない・・・。

シャアは、ヘルメット、マスク、赤い服、と記号的なアイテムのかたまりみたいなものですから、その辺をそれなりに作っておけば、そこそこ見えます(?)。
なので、フィギュア作りにおいて、ある意味では、楽なキャラクターと言えるのではないでしょうか。

あとは、1/35コア・ファイターのセイラを横に配置すれば・・・、と思いましたが、ポーズを変更するのもナンなんで止めときます・・・。

「ナポレオンの絵画みたいに派手なポージングで・・・」
というアイデアも頭に浮かびましたが、そんなことをした日には完成が何ヶ月後になるかわかったものではありませんので、シャアの腕の角度を変えた以外は、ほぼキットのままのポージングになっています。

製作。
タミヤ1/35ドイツ将校乗馬セットを改造しました。
頭部は、ホーネットの頭部セット(女性)を使用しました。

基本的にエポキシパテで各部を造形してあります。
ヘルメットのツノはプラ板で、ライフル(?)はキットについていたライフルを改造しています。

鞍は、いったんエポパテで造形したのですが、気に入らなかったため、結局キットのものを使用しました。
手綱は、キットに付属の0.2mmプラ板を切り出して作製するように説明書には書いてありましたが、本体に貼り付けるときに、切り出したプラ板がポキポキ折れてどうしようもありませんでした。
なので、苦肉の策で、説明書のフチを細長く切ったものを使用し、瞬間接着剤で貼り付けてあります。

塗装。
水性ホビーカラー、タミヤアクリルカラーで筆塗りしてあります。
オーバーコートはガイアカラーのEXフラットクリアー、スミ入れはタミヤエナメルです。

台座の地面はMr.クレイ(石粉粘土)を薄く盛って、タミヤ情景テクスチャーペイントのダークアースとライトサンドを混ぜながら塗りました。
台座側面は、ワシン水性ウレタンニス(マホガニー)を塗ってあります。

当初、台座は、
「水性カラーの茶色でも塗っておけばいいだろう」
なんて軽く考えていたのですが、試し塗りしてみたところ木材にしみこんでしまってどうにもこうにも・・・。
結局ホームセンターまでニスを買いに行くハメになりました。
このページのトップへ >
Copyright (C) 2008 森静四郎, All rights reserved.